設計業務内容






長期優良住宅適合申請



SPアーキプランは、「長期優良住宅」の複雑な適合申請業務を円滑に行えるようサービスを実施しています。
長期優良住宅認定基準対応設計図書の作成、取りまとめ、申請代行、評価機関への質疑応答などあらゆる業務に対応しております。



■仕様検討のサポート
省エネ基準の部材を、必要に応じて提案いたします。

■構造検討のサポート
耐震等級2・3の計算を実施します。

■適合証の取得のための書類作成
許容応力度計算、壁量計算、床倍率計算、4分割法計算、偏心率チェック
長期優良住宅認定基準対応設計図書
耐震等級2または3の計算
断熱等性能等級の計算(法律改正や審査機関に対応し、随時改訂)




企画設計 (在来軸組・2×4)



弊社では、住まいは人を幸せに導く基礎と考えております。デザインと機能性の調和を図り、心地よく住まうをコンセプトに企画設計いたします。
事前に敷地調査、法令調査を行い、設計条件の確認や、施主さまの与件などを考慮し、基本案を策定します。木造3階建、共同住宅など様々なニーズにも対応いたします。






▶企画・設計業務



■企画立案 ■現地調査 ■法規関係調査 ■施主様打ち合わせ ■施工者様打ち合わせ ■プラン提案 ■各種設計図面作成 ■監理業務






構造計算



震災に対する万全の備えが求められる現在、構造躯体の信頼性は施主様の関心事のひとつです。 弊社ではご要望に応じて、許容応力度計算から図面の作成までを行っております。






▶許容応力度計算



■木造3階建て(在来軸組)までの構造計算 ※
■耐震等級2および3の計算
■壁量計算、床倍率計算、4分割法計算、偏心率チェック
※平屋・2階建の木造住宅の構造チェックも承ります。






住宅性能評価(設計性能評価)



住宅性能評価には「設計」と「建設」という二種類のカテゴリーがあり、弊社では主として設計性能評価に関するサポートを行い、必要な申請図書を作成します。
設計図(配置図、案内図、平面図、立面図、矩形図、伏図、仕上表)により性能の目標設定を行なっていただき、自己評価書、設計内容説明書にて目標性能が達成されているか確認します。






▶住宅性能評価の基準



(1)構造の安定 (2)火災時の安全 (3)劣化の軽減 (4)維持管理、更新への配慮 (5)温熱環境(6)空気環境 
(7)光・視環境 (8)音環境 (9)高齢者等への配慮(10)防犯対策




▶設計性能評価における業務



■住宅性能表示制度設計評価申請図書の作成   ■性能評価仕様書作成   ■見付面積算定  ■許容応力度による構造計算  ■外部開口部リスト作成  ■温熱環境に関する計算  ■小屋裏喚気計算  ■登録住宅性能評価機関との質疑応答






▶設計住宅性能評価申請に必要な書類

■設計住宅性能評価申請概要書
■設計住宅性能評価申請書(第四号様式)
■自己評価書
■設計内容説明書
■委任状(代理者が申請する場合)
■設計図書
・付近見取り図(案内図)・配置図・仕様書(仕上表)
・各階平面図・立面図・断面図または矩形図・基礎伏図・各階床伏図・小屋伏図
■各種計算書等
・壁量計算書 ・換気計算書 ・光視計算書(単純開口率・方位別開口比)
■各種裏付け資料
・各評価方法基準の裏付けをする認定書、カタログ等 ・詳細図等






フラット35 S



フラット35 S は、フラット35の技術基準を満たしたうえで、「省エネ」、「耐震性」、「バリアフリー」、「耐久性・可変性」のうち、いずれかひとつの技術基準を満たしていることが必要です。SPアーキプランは、耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)3、高齢者等配慮対策4または5などフラット35Sに必要な技術基準の適合審査に関する支援をいたします。






▶フラット35 S に関する業務



■仕様確認および助言 ■作成図書の確認 ■申請書類の作成 ■申請